光のカーテン

光のカーテン / タイトル

冷え性の人の対策はまずカーテンから

アパート、一軒家、マンション、ビル、店など名前や構造が違えど必ずあるもの、それは窓です。空気の通り道であったり光を内部に取り入れる役割を担っています。しかしいい事ばかりではなく、冬などの寒いときにおいて部屋に冷気を入れるのはコンセントやドアや壁のつなぎ目など様々ありますが、断然窓から一番冷気が進入してきます。はたまた西日が強く家具を焼け付けたり、中にある食料をだめにしたりとする場合もあり実害を被る場合もしばしばあるため、カーテンは窓には欠かせない物なのです。今日では冷暖房効率を上げれる優れものになっていますし、遮光カーテンなどオーダーメイド品にすれば10万円前後もありますが、重要なのはやはり丈で下までしっかりと届いていることです。丈違いのものを引っ越した後にそのまま使っている人も多いのです。特に日本の窓における断熱基準は欧米諸国に比べたら低いので冷気に関して悩んでいる人も多く、日本人の冷えへと繋がっています。冷気に関して窓に貼り付けるタイプの冷気を入れないテープや下からの冷気を侵入させない衝立など様々な商品が現在売られていますが、まずは自分の部屋の窓にあうカーテン選びからしっかりとはじめることをお勧めします。

知っていますか?カーテンの役割

日本では「カーテンはインテリア」という認識が強く、それが持つ役割をきちんと知っている人は少ないのではないでしょうか。確かに、部屋の印象を大きく担っている部分はありますが、本来はそこに機能性がきちんと存在してこそなのです。カーテンの役割には大きく6つあります。光の量の調節、遮光、冷暖房効果の増強、防音、消臭、部屋を彩るです。もし光の調節が出来なければ眩しくて仕方が無かったり、ぐっすり眠りたいから真っ暗にしたいという人には、遮光効果のあるものでなくては外の光が入ってきてしまいます。また、夏は日陰を作り涼しさを保つことができますし、冬は暖房の熱を逃さないようにしています。そして布地は音を吸収しますので、室内の音を漏らさないようにしたり、外の騒音を遮断してくれます。ホームシアターやオーディオを楽しむためにもポイントの一つになります。最近では室内でペットを飼う人も増えましたので、防臭効果のものもでてきています。そして最後にインテリアとして部屋を彩る、外からの視線を遮る、窓を開けていても風を通すことができるといった役割です。どれを重視するか、バランスをとるのか、そういったことも踏まえて選ぶと生活の充実度が増すのではないでしょうか。

pickup

ブランドバッグや時計、財布の激安通販サイト。ランコショップではシャネルエルメス、プラダなど人気ブランド商品を多数取り揃えています!

ブランド時計 通販

最終更新日:2015/3/4

トップへ戻る▲